便潜血検査

便潜血検査とは

血便には見ただけで血液が混じっていることがはっきりわかるものと、見ただけではわからないほど微量な血液が含まれているものがあります。便潜血検査は、見た目ではわからないほど微量の血液が便に含まれていないかを調べる検査です。
便潜血検査は大腸がんのスクリーニングとして行われています。陽性だった場合は口から肛門まで消化管のどこかから出血しているということであり、内視鏡検査による精密検査が必要になります。

検査方法

検査方法便潜血検査は微量の血液の存在を発見するための検査ですから、精度を上げるために1日1回、2日分採取する『2回法』が主流になっています。便の中の血液は時間とともに残存率が下がるため、正確な検査結果を得るためには検診日の1週間前までの採取が必要です。

便潜血検査の陰性、陽性

便潜血検査で陰性の場合でも、大腸がんや前がん病変のポリープがあるケースがあります。その逆に、陽性でも大腸がんなどはなく、痔などによる出血であるケースも多くなっています。便潜血検査は簡単に受けられる大腸がんのスクリーニング検査ですが、陰性だからといって大腸がんではないとは言い切れません。正確に病変の有無を確かめるには、大腸内視鏡検査を受ける必要があります。
陽性になったらできるだけ早く内視鏡検査を受けていただく必要がありますが、陰性であっても定期的に内視鏡検査を受けることで病気の早期の発見や予防につなげることができます。

陽性

便潜血検査の結果が陽性と出た場合、痔や特に病気の原因がない可能性もありますが、大腸がんによる出血で陽性と出ていた場合には進行していることが考えられます。できるだけ早く大腸内視鏡検査を受けて出血を起こしている場所や粘膜の状態をしっかり調べてもらい、必要があれば適切な治療を受けて健康と快適な生活を長く保てるようんしてください。

陰性

早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープは、便潜血検査で陽性が出ることがほとんどありません。便潜血検査で陽性になる大腸がんは、硬い便が通過する際に擦れて出血しています。大腸がんのサイズが小さかったり、平坦な病変や、やわらかい便が通過して病変がこすれても出血が起きない場合は、大腸がんや大腸ポリープがあったとしても陰性となります。そのため、便潜血検査で陰性の結果が出ても早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープがある可能性はあります。大腸がんリスクが上昇しはじめる40歳を超えて、これまで大腸内視鏡検査を受けたことがない方は、大腸がんの予防や早期発見のため、定期的に大腸内視鏡検査を受けましょう。

検査で陽性が出た方

検査で陽性が出た方便潜血検査は消化管からの出血の有無を調べることしかできないため、出血を起こしている部分やその原因を調べるためには内視鏡検査が必要です。内視鏡検査であれば確定診断が可能ですし、検査中に組織を採取して確定診断に役立てます。

24時間web予約 当日外来予約 求人募集
胃カメラ検査予約 大腸カメラ事前診察予約 当日の大腸カメラ検査予約
一番上に戻る
胃カメラ検査予約
大腸カメラ事前診察予約
当日の大腸カメラ検査予約