血便

血便とは

血便とは消化管のどこかから出血して便に血液が混じっている状態です。目で見て血液が混じっていることがはっきりとわかるものだけでなく、目で見て確認できないほど微量な血液が混ざったものも血便に含まれます。また、排便後、ペーパーに血液が付着したというケースも血便です。血便は早急に適切な治療が必要な大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病などの可能性があるため、検査でどこから出血しているのかを確認し、原因疾患をできるだけ早く調べる必要があります。

血便の原因

鮮やかな赤い色をした鮮血便は、肛門や直腸からの出血が疑われます。黒っぽいタール便は胃や十二指腸から出血している可能性があります。暗赤色の場合には大腸の奥で出血していることが考えられます。また、粘り気のある粘血便は大腸の感染症などによる炎症が疑われます。
見た目ではわからない血便は、便潜血検査によって発見できます。痔などの良性疾患によるものである可能性もありますが、前がん病変の大腸ポリープや大腸がんなどの可能性もあるため、内視鏡による精密検査が必要です。

血便から考えられる疾患

  • 切れ痔(裂肛)
  • いぼ痔(痔核)
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 虚血性腸炎
  • 大腸憩室出血
  • 薬剤性腸炎
  • 感染性腸炎
  • 放射線性腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん

血便の種類

鮮血便 便に血液が付着していることが目で見て確認できます。便器やペーパーに血液が付着する場合もここに含まれます。
おしりから近い肛門や直腸などから出血している可能性が高いと言えます。
暗赤色便 大腸を通過する程度の経過時間によって血液が古くなって暗赤色便になります。そのため、大腸の奥の方で出血した血液が便に混じっている可能性が高いと言えます。
粘血便 血液だけでなくゼリー状の粘液が伴う血便です。潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性慢性疾患や感染症の可能性が高いと言えます。
黒色便 黒くてドロドロしたタール状の便です。胃や十二指腸からの出血によって起こっている可能性が高く、胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが疑われるため、胃内視鏡検査が必要になります。

検査方法

直腸診

直腸診では、肛門や直腸の腫瘍、痔核などの有無を確認します。また、挿入した指に付着したものを観察することで、血液の有無や量、色などを確認します。

胃内視鏡検査

胃や十二指腸からの出血がある場合、貧血の有無を調べた上で、炎症や潰瘍の有無や状態を確認するために胃内視鏡検査を行います。

大腸内視鏡検査

大腸全域に出血を起こす病変がないかを調べることができます。また、大腸がんや全がん病変であるポリープの発見も可能ですし、疾患特有の病変を見つけることもでき、組織採取による生検で確定診断が可能になります。感染性腸炎が疑われる場合は細菌培養検査のための試料採取もできます。数多くの大腸疾患の鑑別に有効であり、前がん病変のポリープは発見したその場で切除することができます。

血便の対処法

血便は痔などによって起こることがよくありますが、消化器の潰瘍やがん、難病指定されている潰瘍性大腸炎やクローン病などでも血便が起こります。血便だけでなく、腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などがある場合にはできるだけ早く受診してください。一刻も早く適切な治療を受ける必要がある深刻な疾患である可能性があります。

血便の予防

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌の除菌治療ピロリ菌に感染すると胃に慢性的な炎症を起こし、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を発症させる原因となります。潰瘍で粘膜が深く傷付くと大出血を起こして黒いタール便の症状を起こすことがあります。また慢性的に炎症を起こすことで萎縮性胃炎を起こしやすくなり、胃がんリスクが上昇します。ピロリ菌は除菌治療が可能で、除菌に成功すると潰瘍の再発を抑制できます。
除菌治療は抗生剤2種類と胃酸分泌抑制剤を1週間服用するだけですから負担の少ない治療法です。初回治療の成功率は90%程度ですが、2回目の治療も可能で1回目と2回目の治療を含めた成功率は99%程度になります。

便秘の治療

便秘になると便が硬く・太くなって、通過する際に肛門や直腸を傷付けやすくなります。切れ痔は便秘と悪循環を起こしやすく互いを悪化させていく傾向が強いため特に注意が必要です。また、便秘は腸への負担を増やして多くの大腸疾患リスクを上昇させてしまいます。便秘による強いいきみはいぼ痔にもつながります。便秘は市販薬で悪化させてしまうことも多いのですが、専門医による適切な治療で便秘をきちんと解消して再発しないようにすることで多くの大腸疾患や肛門疾患のリスクを軽減できます。身体全体への健康や肥満解消にもつながりますので、慢性的な便秘でお悩みの方は消化器科を受診して適切な治療を受けてください。

定期検診を受けましょう

血便の原因は消化管に起こる出血です。痔などの肛門疾患で起こることもありますが、血便で最も警戒する必要があるのは胃がんや大腸がんです。血便があったら、まず原因をしっかり確かめるようにしてください。
慢性的な炎症が進行して萎縮性胃炎になると胃がんリスクが上昇します。慢性的な炎症はピロリ菌感染によって起こっていることが多いため、除菌治療を受けて炎症の再発を抑制することが有効です。内視鏡検査では粘膜の状態を直接観察できますし、ピロリ菌感染検査もできます。また疑わしい病変があった場合には組織を採取して確定診断も可能です。早期発見して適切な治療を受けることで胃がんは完治も可能な病気ですから、早めに検査を受けてください。
また大腸がんも、定期的な内視鏡検査で早期発見と適切な治療で完治可能です。早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープは内視鏡検査中の切除も可能ですからその場で治療や将来のがん予防ができます。これにより生活にほとんど支障なく完治させることや大腸ポリープの切除により予防も可能です。
胃がんと大腸がんは罹患率やがんによる死亡率も高い状態が続いていますし、早期には自覚症状に乏しい病気です。血便などの症状が出る前の早期発見と治療のためには定期的な内視鏡検査をおすすめします。

24時間web予約 当日外来予約 求人募集
胃カメラ検査予約 大腸カメラ事前診察予約 当日の大腸カメラ検査予約
一番上に戻る
胃カメラ検査予約
大腸カメラ事前診察予約
当日の大腸カメラ検査予約