便秘・下痢

便秘・下痢

下痢や便秘といった便通異常は食事や体の冷え、運動不足などによって起こることも多いのですが、深刻な病気の初期症状で現れることもあります。また、アレルギーや腸の形状、腸内細菌叢のバランスの乱れなどによって起こっていることもあります。下痢・便秘のどちらも悪循環を起こしやすいため慢性化する傾向があり、それによって大腸疾患や痔などの肛門疾患発症につながることもよくあります。最近の研究結果では腸の働きや腸内細菌叢の状態が身体全体のバランスや健康に大きく関わることが報告されています。当院では下痢や便秘を起こす原因を見極め、適切な治療を行って解消に導いています。お悩みがある方はお気軽にいらしてください。

便秘・下痢が繰り返し起こる原因とは

進行すると深刻な状態になる可能性がある大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、膵炎、膵臓がんなどの消化器疾患の有無を調べることが重要です。吐き気や嘔吐、便に血が混じる、黒っぽい便が出るなどがある場合は特に早期の治療が必要な可能性が高いため、早めにいらしてください。

過敏性腸症候群

急な腹痛と下痢、便秘と腹痛、便秘と下痢を繰り返す3タイプが多く、他に強い膨満感があるタイプもあります。大腸の機能をコントロールしているのは自律神経ですが、自律神経はストレスの影響を強く受けるためストレスをきっかけに発症することがよくあります。特に蠕動運動の機能が乱れて症状を現すことが多く、過剰になると下痢に、鈍くなると便秘になります。痙攣性便秘の場合には、自律神経の乱れによって下痢と便秘を交互に繰り返します。

便秘・下痢の診断と治療

早急に適切な治療が必要な大腸疾患が隠れていないかをまず調べることが重要です。そのために、詳しい症状や、病歴、服用している薬について伺います。また、症状につながりやすい飲食物などについてもお聞きします。検査では大腸粘膜の状態を直接観察できる大腸内視鏡検査が特に有効です。

24時間web予約 当日外来予約 求人募集
胃カメラ検査予約 大腸カメラ事前診察予約 当日の大腸カメラ検査予約
一番上に戻る
胃カメラ検査予約
大腸カメラ事前診察予約
当日の大腸カメラ検査予約