大腸ポリープ

大腸ポリープ

ポリープは粘膜にできる良性腫瘍です。大腸ポリープにはいくつかの種類がありますが、腺腫の大腸ポリープは放置していると大腸がんになることがあります。そのため、内視鏡検査時に発見した大腸ポリープをその場で切除することは、将来の大腸がん予防につながります。大腸ポリープの大きさは2mm~2㎝以上と幅広く、直腸とS状結腸に発生しやすい傾向があります。痛みなどの自覚症状は乏しく、ポリープが大きくなって硬い便が通過する際に擦れて出血して血便が起こることがあります。便潜血検査は、大腸がんや大腸ポリープに便が擦れて少量の出血を起こしている可能性がないかを調べる検査です。ただし、便が通過する際に出血を起こさないこともあり、病変があっても便潜血検査では陰性となる場合があります。ポリープがさらに大きくなって便の通過を妨げるようになると、腹痛や便秘を起こすこともあります。

症状

ポリープには、痛みや違和感などの自覚症状がほとんどありません。ある程度大きくなったポリープや大腸がんに硬い便が擦れて出血を起こすことがあり、血便が現れることがあります。便潜血検査は目では確認できないほど微量の血液が便に含まれていないかを調べる検査です。大腸がんや大腸ポリープのほか、痔による肛門からの出血でも陽性が出てしまうため、血便の原因を特定するためには内視鏡による精密検査が必要になります。
大腸がんや大腸ポリープが小さかったり平坦な形だと出血が起こらず、病変があっても検査結果が陰性となってしまいます。
内視鏡検査は大腸全域の粘膜をくまなく詳細に観察できるので、できた位置、サイズ、形状に関係なく大腸がんや大腸ポリープを発見することが可能です。また、検査時に病変を切除することもできます。

早期発見と治療で生活の質(QOL)を守ります

大腸がんの死亡率は近年、上昇していますが、早期がんあるいは前がん病変であるポリープの段階で内視鏡検査により発見、切除することで大腸がんの根治・予防が可能です。大腸がんは進行させてしまうと仕事や生活に大きな影響を及ぼすため、初期に検査で見つけることが重要です。症状が特になくても、定期的に大腸内視鏡検査を受けることをおすすめしています。大腸がんの予防や早期発見のために、大腸がん発症リスクが上昇しはじめる40歳になったら、症状がなくても検査を受けましょう。

大腸ポリープ切除

大腸内視鏡検査の大きな利点は、発見した病変をその場で切除できるということです。これにより検査と治療が1回で終了します。回収した組織は生検を行って確定診断が可能です。大腸ポリープ切除は日帰り手術で入院の必要がありません。検査後はそのままご帰宅いただけます。切除は5~10分程度の短時間で終了します。別日に切除するわけではないため事前の下剤服用や食事制限も1度で済みます。
なお、サイズが大きいポリープや数が多い場合には別日の手術や入院が必要になるケースもあります。その場合は、提携の高度医療機関へご紹介をしています。

ポリペクトミー

内視鏡スコープの先からワイヤー上のスネアを出して、ポリープにかけて締め付け、高周波電流で焼き切る手法です。通電しますので電気メスと同様に止血効果があります。ただし周辺組織に熱が伝わることで術後の炎症・出血・穿孔などの合併症リスクがあります。

コールドポリペクトミー

スネアで締め付けることで切除する手法です。高周波の通電を行わないため切除直後の出血はありますが自然に止血しますし、周辺や深部への熱ダメージがないため合併症リスクを抑えることができます。

内視鏡的粘膜切除術

スネアをかけられない平坦なポリープに用いる手法です。ポリープの下、粘膜下層に生理食塩水を注入してポリープを持ち上げてスネアをかけて、高周波で通電して焼き切ります。ポリープの下に生理食塩水があるため、通電しても熱が周辺や深部に伝わることなくポリープを焼き切ることができます。

全周切開内視鏡的粘膜切除術

スネアをかけられない平坦で20mm程度の大きなポリープに用いる手法です。ポリープの下、粘膜下層に生理食塩水を注入してポリープを持ち上げて、スネアの先端を2mmほどシースから出して、ESD(Endoscopic submucosal dissection:内視鏡的粘膜下層剥離術)の要領で粘膜を切開してポリープにスネアをかけやすくします。生理食塩水を追加で注入してスネアをかけて、一括にて高周波で通電して焼き切ります。この手法ではほぼ遺残なく確実に一括切除が可能となります。また創部が大きめになるのでクリップにて閉鎖いたします。

切除後の注意点

検査時に行えますし、日帰りで受けられますが、切除は手術です。ご帰宅後の安静に加え、数日間の制限がいくつかあります。食事、運動などいくつか制限がありますので、検査日を決める際には、旅行や出張などのスケジュールを考慮して決めるようおすすめしています。

入浴 当日は、シャワーのみ。翌日から入浴可能です。
食事 当日は脂っぽいもの、刺激の強い香辛料を避けましょう。
飲酒 医師が指定した期間は、飲酒を控えます。
運動 激しい運動、腹圧がかかる運動は医師の指示がある期間、控えます。
旅行・出張 気圧変化が激しい飛行機は出血リスクを高めます。長距離移動も負担が大きく、万が一の際の処置が遅れる危険性があります。検査後1週間は、旅行や出張のないスケジュールに調整してください。
24時間web予約 当日外来予約 求人募集
胃カメラ検査予約 大腸カメラ事前診察予約 当日の大腸カメラ検査予約
一番上に戻る
胃カメラ検査予約
大腸カメラ事前診察予約
当日の大腸カメラ検査予約