機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアについて

胃の痛みは、胃炎、胃潰瘍、胃がん、逆流性食道炎、感染性腸炎(出血性大腸炎)などの疾患から症状が現れている場合があります。機能性ディスペプシアは、炎症や潰瘍がないにもかかわらず、胃痛や胸やけといった症状が現れます。症状だけでは、慢性胃炎と診断されるケースが多いですが、慢性胃炎の一般的な治療ではなかなか改善しません。
消化器内科では、しっかりと診断を行った上で、症状に合わせて適切な治療を行っています。

症状

症状は2つのタイプに分けられます。

  • 少し食べただけで満腹になる・食後に胃がもたれる
  • 胸やけ・みぞおち周辺の痛み、胸のあたりがムカムカする

原因

ストレスをきっかけに発症するとされており、ピロリ菌感染、感染症、胃酸分泌、消化管の運動異常、胃の知覚過敏などがあると発症しやすいと考えられています。消化器の機能は自律神経がコントロールしているため心の状態に大きく左右されやすいとされています。また胃の症状が新たなストレスとなって、症状の悪化や慢性化を招きやすい傾向があります。

診断

慢性的な症状があるけれど、内視鏡検査では病変を確認できない場合に機能性ディスペプシアが疑われます。血液検査や腹部超音波検査、ピロリ菌検査なども行って診断します。当院では苦痛を抑えて、楽に受けられる胃内視鏡検査を行っていますので、安心していらしてください。

治療

ピロリ菌感染が陽性の場合には、まず除菌治療を行います。除菌治療は胃の状態を改善させるため、症状の解消にも役立ちます。ピロリ菌感染陰性だった場合には、薬物療法で症状を改善に導きながら、同時に生活習慣改善も行っていきます。

薬物治療

消化管の運動異常がある場合には改善薬を用い、胃酸分泌過剰なケースでは抑制薬などを用います。症状に合わせた処方によって、効果的な改善を目指します。不安やうつ症状が伴うケースでは、抗うつ薬や抗不安薬を用いることもあります。
ストレスが発症のきっかけになりやすい機能性ディスペプシアは、不安解消が症状の改善につながるケースがよくあります。どんな些細なことでも気になることがありましたらなんでもご相談ください。

生活習慣の改善

  • ストレスをため込まずに、上手に解消していきましょう
  • 暴飲暴食しないよう心がけましょう
  • 無理なく、できることろからはじめましょう

 

24時間web予約 当日外来予約 求人募集
胃カメラ検査予約 大腸カメラ事前診察予約 当日の大腸カメラ検査予約
一番上に戻る
胃カメラ検査予約
大腸カメラ事前診察予約
当日の大腸カメラ検査予約