クリニック紹介

クリニック紹介

胃・大腸内視鏡検査、ポリペクトミーから一般的な内科疾患まで幅広く診療します なんとなく調子が悪い、だるい…など、少しでもお体に異変を感じることがありましたらお気軽にご相談ください。 内視鏡検査は上部内視鏡検査(胃内視鏡検査)、下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)、ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)を、健康診断・検診は一般健康診断・企業検診、中央区健康診断、胃がんリスク検診を行っております。

院長ご挨拶

このページを見ていただきありがとうございます。

挨拶平成30年2月1日に東京都中央区晴海のオリンピック選手村の入り口に「晴海3丁目クリニック」を開院させていただきました平野直樹と申します。湾岸エリアの晴海、豊洲、勝どき、月島、築地、有明、東雲等の中央区、江東区周辺のお住まいの方の利便性を考えオープンいたしました。近隣にはオリンピック選手村後にできる晴海FLAGをはじめ、再開発が多く行われている地域です。タワーマンションが多く、来院患者さんも比較的若い方が多く、平日日中での受診が困難であるため平日夜間診療、土日診療を行っております。
おかげさまで開院して1年以上経過し、東京オリンピック2020まで1年を切りました。
当クリニックの強みでもある大腸カメラ・胃カメラの内視鏡検査は中央区、江東区はもとより都内、千葉県、海外では中国からも多くの方がいらっしゃっています。
患者様に寄り添った医療を目標とし、これからもより一層みなさまの健康に貢献していきたいと考えております。消化器内科、内視鏡内科、胃腸内科等の専門的分野から一般内科等身近な悩みまで気軽にご相談に来ていただける存在となれば嬉しいです。スタッフ一同、皆様の御来院をお待ちしております。

晴海3丁目クリニック院長 平野 直樹 (ひらの なおき)

専門医・認定医

  • 日本消化器内視鏡学会専門医 指導医 関東支部評議員
  • 日本内科学会総合内科専門医 指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医 指導医
  • 日本肝臓学会専門医
  • がん治療認定医
  • 日本ヘリコバクター学会認定医
  • 日本医師会認定産業医

略歴

2000年
3月
東邦大学医学部卒業
2000年
4月
東邦大学医学部付属大森病院 第一内科入局
2002年
6月
国立国際医療センター 消化器科レジデント (現 国立国際医療研究センター)
2005年
4月
東邦大学大学院 医学研究科博士課程 (内科系消化器病学専攻)入学
2005年
6月
愛知県がんセンター研究所 腫瘍病理学部リサーチレジデント
2007年
6月
虎の門病院 消化器科専攻医
2009年
3月
東邦大学大学院 医学研究科博士課程学位取得
2010年
4月
東邦大学医療センター大森病院 救命センターシニアレジデント
2010年
11月
東邦大学医療センター大森病院 消化器内科助教
2014年
6月
東京労災病院 消化器内科副部長
2017年
2月
昭和大学江東豊洲病院 消化器センター助教
2018年
2月
晴海3丁目クリニック 院長就任

院長生い立ち

私は、新潟県新潟市に生まれました。父の転勤にて新潟県柏崎市に転居し、高校まで過ごしました。日本海に面しており柏崎刈羽原発のある街です。趣味はテニスで中学1年から軟式テニスを始め、中学3年から硬式テニスに変更、高校、大学ともにテニス部でした。高校のテニス部が強豪でかなり厳しく、そのおかげで団体戦は(NO.2でした。)新潟県大会2位、北信越大会ベスト8まで進みました。大学では高校での経験もあり入学時からレギュラーでした。高校、大学を通じて体育会の部活で上下関係が厳しかったですが、今でも同じ部活であった同級生、先輩、後輩とは付き合いがあり、月1回程度はテニスを楽しんでおります。

医師を目指した理由

もともと父親が内科の開業医で、子供のころから将来は医師になるものと自然に思っておりました。高校は新潟県立長岡高校に入学し、新潟県の中では進学校でしたが、先述のとおり部活でテニスに没頭し、部活を引退してからものんびり過ごしていたため、大学受験に失敗し、1浪して東邦大学医学部に入学いたしました。大学時代はもっぱらテニスをしていました。試合等もたくさん出て、プレッシャーや集中力が磨かれて、勉強のほうにも役に立ち、ストレートで卒業することができました。

内視鏡との出会い

もともと総合的に患者さんを診療する内科希望であったため、東邦大学大森病院第一内科に入局しました。研修では内科の中でも消化器、循環器、呼吸器、腎臓、血液、糖尿病内分泌等を研修し、その中でも消化器内科が内視鏡検査、超音波検査、消化管造影検査等いろいろな検査があり、特に内視鏡に興味を持ったため消化器内科に進むことになりました。
医師になり3年目での出向先であった国立国際医療センター消化器科で、ヘリコバクターピロリ菌で世界的に有名な上村直実先生がおられ、内視鏡の技術や診療に対する心構えを学びました。
愛知県がんセンター研究所腫瘍病理学部では主に胃癌の病理、発がんについて研究しました。
虎の門病院では内視鏡治療で世界的に有名な矢作直久先生(現慶応大学腫瘍センター教授)にESDの指導を受けました。東京労災病院、昭和大学江東豊洲病院消化器センターに勤務いたました。消化器の中でも消化器内視鏡治療が専門で主に早期胃癌、大腸癌、食道癌に対してESD(Endoscopic Submucosal Dissection:内視鏡的粘膜下層剥離術)を800例程度行ってまいりました。その他消化管出血に対する内視鏡的止血術、大腸癌イレウスに対する内視鏡的大腸ステント挿入術、シングルバルーン小腸内視鏡等も行っておりました。
特に大腸癌、胃癌に関しては 10年前より豊洲に住んでおり、隣接する晴海にてオリンピック選手村の建設が決まり、豊洲市場のオープンに伴う環状2号線の開通等、人口増加、進歩が目覚ましいこの地域に密着した、地域の人々に信頼される内科医療、内視鏡診療を目指して「晴海3丁目クリニック」を開業することを決心しました。

クリニック理念

  1. 胃がん、大腸がん、食道がんで亡くなる人をなくしたい
    (早期発見すれば予後には影響しない)
  2. 苦痛の少ない快適な内視鏡検査を提供

診療時間

診療時間
午前診療
09:30~13:00
/
手術・検査
14:00~16:00
/
午後診療
16:00~19:30
/

:9:00~12:00 :13:00~15:00 :15:00~17:00
休診日:水曜日・祝日
Tel:03-3536-8633
住所:東京都中央区晴海3丁目10-1 Daiwa晴海ビル1階

今月の予定をカレンダーで確認

 

アクセス

〒104-0053 東京都中央区晴海3丁目10-1 グラスシティ晴海1階

都営大江戸線 勝どき駅 徒歩9分
晴海郵便局前、月島警察署となり
バス停「ホテルマリナーズコート東京」目の前

電車でお越しの方

都営大江戸線 勝どき駅 徒歩9分
A3出口を出てすぐUターン。
「勝どき駅前」交差点を右折して晴海通りへ。
黎明橋渡り「晴海3丁目」交差点右折。
そのまま約3分直進してください。
右側ローソン過ぎて、RKデンタルさんが見えてきたらそのお隣です。目の前にはバス停があります。

バスでお越しの方

バス停『ホテルマリナーズコート東京前』 目の前

院内紹介

外観

 

外観

受付

 

受付

待合室

 

待合室

キッズスペース

 

キッズスペース

診察室1

 

診察室1

診察室2

 

診察室2

レントゲン室

 

レントゲン室

トイレ

 

トイレ

リカバリーベッド

 

リカバリーベッド

医療連携

当クリニックでは地域の医療機関と連携を図り、患者様が安心と満足を得られる医療を提供できるよう、ご紹介患者のお電話にてご予約をお受けし、スムーズな受診を心がけております。
まずはお電話にてお問い合わせください。お電話の後、予約通知票をFAXにてお送りいたします。
※医師または各診療科宛の診療情報提供書をお渡しの上、来院下さるようご紹介患者にお話しください。
※診療表に基づいて外来診療を行っていますが、学会等による休診の場合もありますので、お電話でご確認いただきますようご紹介患者にお話しください。
※診療状況によってはお待ちいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※予約受付時間は9:30~19:30(土・日は9:00~17:00)となります。予約受付時間外での申し込みについては、翌日確認の電話をさせていただきます。

24時間web予約 当日外来予約 求人募集
胃カメラ検査予約 大腸カメラ事前診察予約 当日の大腸カメラ検査予約
一番上に戻る
胃カメラ検査予約
大腸カメラ事前診察予約
当日の大腸カメラ検査予約